一般社団法人 日本電気協会 関西支部

  • HOME
  • アクセスマップ
  • よくあるご質問
  • リンク集

関西支部について

ホーム > 関西支部について > トピックス > エジソン記念碑 碑前祭を挙行

トピックス

平成30年10月30日

エジソン記念碑 碑前祭を挙行


10月19日(金)、石清水八幡宮(京都府八幡市)境内のエジソン記念碑前において、エジソン彰徳会の主催により「エジソン記念碑前祭」が挙行されました。当日は、来賓として駐大阪・神戸米国総領事館からカレン・ケリー総領事およびコリン・フィッシュウィック政治経済担当領事をお迎えし、エジソン彰徳会から福田督理事長(日本電気協会会長、中国電力相談役)、藤洋作副理事長(日本電気協会関西支部会長、関西電力顧問)ら関係者が出席、福田理事長、ケリー総領事、藤副理事長、フィッシュウィック領事、田中権宮司の順に碑前に献花を行いました。その後、(一社)日本電気協会(本部)の古澤宏専務理事、川上功常務理事をはじめ関係者がエジソン翁の遺徳を偲び礼拝しました。

 


福田理事長、ケリー総領事


藤副理事長、フィッシュウィック領事、田中権宮司


礼拝

(注)「エジソン記念碑 碑前祭」

エジソン翁が発明した白熱電球のフィラメントに京都八幡市の竹が使われたことにちなみ、昭和9年に石清水八幡宮境内の隣接地にエジソン記念碑が建立され、昭和33年に境内南側(現在地)に移転されました。その後、50年の歳月を経て劣化が進んだため、昭和59年にエジソン彰徳会により再建されました。エジソン彰徳会では毎年、エジソン翁の命日(10月18日)に、翁をしのび碑前祭を挙行しています。

ページのトップへ

Copyright © The Japan Electric Association Kansai Branch. All Rights Reserved.