一般社団法人 日本電気協会 関西支部

  • HOME
  • アクセスマップ
  • よくあるご質問
  • リンク集

関西支部について

ホーム > 関西支部について > トピックス > 平成27年新春講演会を開催

トピックス

平成27年1月20日

平成27年新春講演会を開催

概要


近畿経済産業局長 関 総一郎氏

一社)日本電気協会関西支部では、平成27年1月19日(月)に中央電気倶楽部において「平成27年新春講演会」(中央電気倶楽部共催)を開催しました。講師には、経済産業省近畿経済産業局長、関総一郎氏をお招きし、「日本再興戦略と関西経済の成長への取組」と題してご講演を頂きました。(聴講者:120名)
 ご講演では冒頭、「日本経済が抱かえる課題と政府の対策」として「アベノミクス『三本の矢』による景気回復」の状況、「日本再興戦略改訂2014(6月24日閣議決定)」の概要、「高度外国人材の活用への取組」や「薬事法等の一部を改正する法律の概要」などについて紹介、中でも緊急経済対策として中小企業・小規模事業者等への支援による地方の活性化が重要である点を説明されました。


講演会風景

 次に「最近の経済情勢」について、全国および関西の各種指標について解説、関西経済の動向については生産面から見て昨年の消費税率引上げの影響を受け横ばい傾向にあるとされました。
 また、最後に「最近のエネルギー政策」として東日本大震災以降のエネルギー問題について「エネルギーの安定供給」「国民生活・経済」「地球温暖化問題」の面から、原子力が安全性の確保を大前提とした重要なベース電源であるとしたエネルギー基本計画についての理解を求められました。
 一方、再生可能エネルギーについても我が国の現状、ドイツでの取組、今後の再生可能エネルギー導入の課題について触れるとともに、2020年以降のCO2排出量の枠組みにおける我が国の位置付けについて説明されました。
 最後に「関西にはスマートエネルギーシステムを構成する製品、技術等様々なポテンシャルが集積しておりこれらを活かして我が国をリードするスマートエネルギーシステム創出・実装の場とすることが求められている」というお話に、聴講者は、興味深く熱心に聞き入っていました。

ページのトップへ

Copyright © The Japan Electric Association Kansai Branch. All Rights Reserved.