一般社団法人 日本電気協会 関西支部

  • HOME
  • アクセスマップ
  • よくあるご質問
  • リンク集

関西支部について

ホーム > 関西支部について > トピックス > 平成25年新春講演会を開催

トピックス

平成25年1月21日

平成25年新春講演会を開催

小林近畿経済産業局長を迎えて110名が聴講


近畿経済産業局長 小林利典氏

(社)日本電気協会関西支部では、平成25年1月16日(水)に中央電気倶楽部において「平成25年新春講演会」(中央電気倶楽部共催)を開催しました。
 
講師には、経済産業省近畿経済産業局長、小林利典氏をお招きし、「最近の経済情勢について」と題してご講演を頂きました。
 
 

講演概要


講演会風景

 ご講演は、まず関西地域の経済動向について、「生産」「設備投資」「雇用」
「個人消費」「貿易」の面から評価し、「足踏み」状態の要因を明らかにされました。
 また、日本経済を取り巻く状況として、新興国市場の拡大に対応しきれず長期停滞が続いている現状や、電力供給制約や円高・デフレなどが環境悪化を招い
ていることを述べた上で、関西経済の成長のための方策を提言されました。
 具体的には「強み」の形成と「強みと市場をつなぐ構想力」が重要であり、関西イノベーション国際戦略特区も単に「制度や規制の例外を特別に認めてもらう」
仕組みではなく、「特別を創り出す契機」とすべきであることを訴えました。
 また、関西地域は、グリーン・イノベーションやライフ・イノベーションに関わる工場、研究機関等も数多く集積された地域であることを認識し、地域一帯で活用すべきであると力説されました。
 やや明るさの見えた気配を確かな気流とすべく、多種多様な先端的資源の集積をどう繋げ、どう発信するか、地域の
存在感をどう高めるかというお話に、聴講者は、興味深く熱心に聞き入っていました。

ページのトップへ

Copyright © The Japan Electric Association Kansai Branch. All Rights Reserved.