一般社団法人 日本電気協会 関西支部

  • HOME
  • アクセスマップ
  • よくあるご質問
  • リンク集

関西支部について

ホーム > 関西支部について > トピックス > 平成24年「新春講演会」を開催

トピックス

平成24年1月23日

平成24年「新春講演会」を開催

近畿経済産業局長をお迎えして


近畿経済産業局長 長尾正彦氏

(社)日本電気協会関西支部では、平成24年1月19日(木)に、中央電気倶楽部(大阪市)において、「平成24年新春講演会」を開催しました。
(共催:(社)中央電気倶楽部)
講師には、経済産業省近畿経済産業局長、長尾正彦氏をお招きし、「JUMP UP! KANSAI」と題してご講演をいただきました。
(聴講者:110名)

ご講演は、「経済産業構造の転換と新たな産業創出〜やせ我慢から価値創造へ〜」「平成24年度経済産業省関連予算案等の概要」「農業の活性化に向けた取組み(経済産業省関係を中心に)」「原子力安全規制の転換」「防衛装備品等の海外移転に関する基準」「総合特区制度」についてお話をいただきました。

「攻めの空洞化対策」を


多数の聴講者で会場は熱気にあふれた

とくに我が国経済の現状として、縮小均衡の悪循環(「内需低迷の悪循環」「我慢の経営の限界」「消費者も我慢」)を放置した場合の「産業の空洞化への悪影響」や「マクロ経済への悪影響」などへの懸念を示されました。
その中で、今後の施策の方向性として「守りの空洞化対策・適切のマクロ経済運営」「攻めの空洞化対策〜新産業の創出〜」について説明されました。
具体的な対応として(1)潜在需要の掘り起こし、すなわち、「潜在需要を開拓するイノベーションを起点とする好循環の形成」、さらに(2)外需の取り込みとして、「アジア成長の取り込み・企業における付加価値の源泉・元気な事業のビジネスモデル」の具体的な取組み事例についての紹介とこれらへの参画を聴講者の皆さんに訴えられました。


聴講者に参画を訴える長尾局長

ご講演は予定の1時間を超えて、熱の入った「新春講演会」となりました。

ページのトップへ

Copyright © The Japan Electric Association Kansai Branch. All Rights Reserved.