一般社団法人 日本電気協会 関西支部

  • HOME
  • アクセスマップ
  • よくあるご質問
  • リンク集

関西支部について

ホーム > 関西支部について > 京都部会だより >

京都部会だより

平成23年1月26日

関西電気協会京都支部第3回研修会を開催

概要

 平成23年1月19日(水)の午後、関西電力㈱京都支店において、第1テーマとして、アクアフェアリー㈱さまより「燃料電池技術の現状と展望 〜モバイル・ポータブル用燃料電池発電ユニット〜」と題し、講演をいただきました。本テーマは、近年著しい発展を遂げつつある、スマートフォンやネットブックPC等のモバイル電子機器に対応した小型燃料電池発電ユニットを開発され、近々発売予定もあるアクアフェアリー㈱さまより、燃料電池の基礎から最新動向まで解説いただくとともに、同社の燃料発電ユニット(試作品)によるデモンストレーションまで行っていただき、大変興味深い最新情報を得ることが出来ました。

また、もう1テーマは「次世代送配電網における技術課題と三菱電機の取り組み」と題し、三菱電機㈱さまより講演いただきました。本テーマは、太陽光発電を初めとする国内における再生可能エネルギーの導入計画が著しく進展する中にあって、その実効性を左右するともいえる「スマートグリッド」についての見識を深めるため、重電機器から家電機器までを製造され、且つ、情報通信技術、制御技術までを完結できる総合電機メーカーの立場から三菱電機さまに講演いただきました。「スマートグリッド」については、今後益々発展する技術であり、注目していく必要があると思います。
なお、当日は総勢40名の方々に参加いただきました。
両テーマを通じて、研修会参加各社の今後の業務運営や展開のヒントに資することができました。
今回の研修会を持って、本年度3回の研修会計画は終了しましたが、来年度も会員各位のご要望を踏まえた研修会を計画していく予定です。

 


燃料電池技術の現状と展望


次世代送配電網における技術課題

 

ページのトップへ

Copyright © The Japan Electric Association Kansai Branch. All Rights Reserved.